子育てでイライラして偏執的になるママ

携帯は生命保険 > 子育て > 子育てでイライラして偏執的になるママ

子育てでイライラして偏執的になるママ

知り合いの奥さんに、まるで二重人格といえるくらい性格がコロコロ変わる人がいます。

普段はどこかの社長令嬢かと思うほどのおしとやか振りなのですが、子育てで思い通りにいかないと途端にイライラし始めてうるさく性格悪くなってしまうのです。

 

実際その方は大卒のかなりのインテリお母さんなんですが、豹変すると偏執的なくらい他人のことにも首を突っ込んできて、「あれがいい、これがいい」と頼まれもしないアドバイスをして嫌われています。

嫌われているのは本人も自覚があるようで、「子育てストレスでイライラしてるんだから仕方ないでしょ」とわかったようなわからないような理屈で自分のしつこさを正当化しています。

 

自分の子どもにもしつこいくらい付きまとっているようで、たぶんあの子は高校を卒業したらあっという間に遠くへ引っ越してしまうだろうな、と予想がつくくらいです。

確かに子育てはホントに忍耐力を試されてイライラするものですが、だからといってかわいくない人間になってしまえば嫌われるのは自分なのだ、ということをわかっていないのでしょう。

子育てでついイライラしてカッとなってしまう時、実はそんなに大事な事ではなかったのにどうしてあんなに怒鳴ってしまったんだろうと罪悪感にさいなまれることがあります。

最近は子どもが自分の周りを走り回るのが我慢できなくて、いきなり子どもをふん捕まえたことがありました。

 

20代の頃は子育てにももっと余裕があった気がします。

自宅の周りをいくら走り回られても何とも思わなかったですし、一緒に走り回ってご近所から苦情がでたくらいでした。

ところが30代後半からイライラがつのり始め、40代の大台に乗ったころから怒鳴ることが多くなりました。

 

いつまでも子どもたちはかわいい年代で親元で一緒に生活していると思い込んでいましたが、子どもはいつの間にかドンドン成長して独立していくのだと痛感しました。

子どもの独立が子育ての目標と思えばそうなのですが、それにしてもイライラすることが多くなったように思えます。

走り回る子どもたちもあと数年すれば自宅にも寄り付かなくなるのだ、と思えば気持ちも穏やかでいられるでしょう。子供の発達障害のためのサプリメント

 



関連記事

  1. 子育てでイライラして偏執的になるママ
  2. 子育て世代は超忙し過ぎてイライラ